相手や相手のモノに対する補償

自動車保険において、運転中に相手や相手の車に損害を与えてしまった時の補償が充実していることは当然ですが、日常生活での事故にも備えておきたいものです。
思いがけず相手をケガさせてしまったり、相手の持ち物を壊してしまうことがあります。故意ではないので、刑事責任を問われることはないとしても、治療費や修理費、代替品の購入などを負担する責任が発生する場合が考えられます。
最近では、自転車による事故や子どもが遊んでいたボールが公道に出てしまい第三者が交通事故にあうなど、被害者への賠償金が高額になるケースが発生しています。平成25年神戸地裁の判決では、賠償金が9266万円という事例もあります。

そんな時のために備えておきたい補償が、「個人賠償責任保険」です。
東京都をはじめ、自転車に乗る場合には、自転車保険への加入を義務付ける自治体が増えています。自動車保険の特約として付帯していれば、改めて加入の必要ありません。

すでに備えがないか、事前に確認を。

自動車保険の特約のほか、自転車保険として、また傷害保険や火災保険の特約として備えることが可能です。重複して補償されませんので、すでにご自宅の火災保険等で備えてある場合には、自動車保険加入時には不要です。事前に保険証券等で確認しておきましょう。 補償される要件に差異ありませんが、いくらまで保障されるかという保険金額や負担する保険料は異なります。 加入していれば、同居の家族全員が対象となること、負担は、年あたり数百円から数千円であることを考慮すると、加入しておいた方がよいです。 自動車保険の個人賠償責任特約の中でも、示談交渉サービスをつけることのできる場合があります。第三者が間に入ってくれることで、スムーズに話し合いを進めることができますし、安心ですね。